FF式石油温風暖房機の買換えや増設に不可欠な「灯油壁抜きコック」

新築住宅にFF式石油温風暖房機(以下FF式ストーブ)を施工する場合は、「Φ8被覆銅管」を目的の位置まで隠ぺい配管して「灯油用アングルコック」「壁ボックスコック」と組合せて施工します。しかし、買換えや増設となるとそうもいきません。本稿では、灯油漏れの心配がいらない壁貫通施工部材である「灯油壁抜きコック」をご紹介します。

PFD管

長期使用に対する信頼性がある「灯油壁抜きコック」

FF式ストーブは石油ファンヒーターなどと異なり長期使用が前提です。日本ガス石油機器工業会によれば、8年経過してからの点検または取替を推奨しています。しかし、灯油配管はどうでしょうか?下手をすると機器より長期使用を求められる恐れがあります。ベストパーツオリジナルの「灯油壁抜きコック」は、FF式ストーブのパイオニアであるクリーンヒーターの別売部材「VKZ-02B」および「VKZ-04B」の系譜を継ぐ商品であり、長期使用に対する信頼性があります。

低荷重でも密封性があり、密着性が時間経過とともに増加するスーパーコルクを採用

FF式ストーブの灯油配管は、ストーブ側のポンプでオイルを引っ張るためシール部に圧力(荷重)がかかることがなく灯油が滲み漏れしやすい環境にあります。そこでオススメしたいのが「灯油壁抜きコック」。なぜなら、コック部のシール材として自動車のシリンダーヘッドカバーやオイルパンに採用されているスーパーコルクを採用しているからです。スーパーコルクとは合成ゴム入りコルクで、耐油性・耐熱性・非透過性・摩擦性・クッション性に加え、表面密着性が時間の経過とともに増加し密封性が保持されるため、長期使用に対する信頼性があるシール材です。

また、その他2か所に耐油性Oリングを採用していますが、どちらも壁貫通部を外す設計となっています。

壁厚により選べるラインナップ

「灯油壁抜きコック(品番:SK- Bシリーズ)」は1本から当日出荷します。

屋外から壁の中まではφ8の銅管をアルミ製のスリーブ(G3/8取付管)でカバーしています。屋内外から同梱のフランジで挟み込んで施工しますので、壁の厚さに合わせて選定してください。

屋内側はアングル型の灯油コックに灯油ホースを差し込むだけですが、屋外側は必ず「リング式ソケット(品番:I-8)」を使用してください。送油管が「φ10被覆銅管(品番:CH-10HI-20M)」の場合は、φ10をφ8に変換する「リング式ソケット(品番:I-810)」をご利用ください。ロウ付は禁止です。なぜなら、ロウ付けをした場合、フラックスの成分が灯油に溶け込みFF式ストーブの定油面器を損傷させ灯油漏れを起こす可能性があるからです。また、そもそもロウ付け時の過熱により、「灯油壁抜きコック」内部の接合部が溶解して灯油漏れを起こします。

品番 対応壁厚 基準価格
SK-02B 30~240mm ¥1,770
SK-04B 240~480mm ¥3,000

【構成部品】

  • 灯油壁抜きコック本体×1
  • 室内フランジ×1
  • 室外フランジ×1
  • 木ねじ×3
  • 小ねじ×3
  • 六角ナット×1
  • ガイドゴム×1

壁の中で接続しない安心施工

施工手順は以下の通りです。

  1. 室内床面から35から100mmのところの壁にφ20~φ22の開口する。
    • 山形配管にならないようできるだけ床面に近づけてください。
  2. スリーブを壁厚より少し長めにカットし、銅管はスリーブより5cm程度長めにカットする
  3. 付属の室内フランジを「灯油壁抜きコック」本体に通し、付属の小ねじ3本でフランジを固定する。
  4. コックを横向きにして室内側から壁穴に差し込み、付属の木ねじ3本で固定する。
  5. 室外フランジをスリーブに通し、六角ナットで室外側から確実に固定する。
  6. 雨水の侵入を防止するため、ガイドゴムをφ8銅管に取付け、スリーブにはめ込む
  7. カットした銅管を壁面に沿うよう曲げる(φ8銅管は肉が薄く折れやすいので慎重に)
  8. 曲げた銅管とオイルタンクから配管したφ8被覆銅管を「リング式ソケット(品番:I-8))」等で接続する

まとめ

特定保守製品であるFF式ストーブは、8年で点検または取替を推奨されている長期使用製品です。同時に使用する「灯油壁抜きコック」も、同等以上の長期性能に耐えられる信頼性が必要です。

FF式ストーブのパイオニアであるクリーンヒーターの別売部材「VKZ-02B」および「VKZ-04B」の系譜を継ぐ「SK-02B」および「SK-04B」は、コック部のシール材に自動車のシリンダーヘッドカバーやオイルパンに採用されているスーパーコルクを用いることで、耐油性・耐熱性・非透過性・摩擦性・クッション性に加え、表面密着性が時間の経過とともに増加し密封性が保持されるため、長期使用に対する信頼性があると言えます。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
室橋尚哉

室橋尚哉

1989年ベストパーツ株式会社(旧東北綜合器材株式会社)入社。分類は空調換気を担当。1963年生まれ。
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU