ボイラーやストーブの煤汚れを触媒効果で取り除く「スートリムーバー」

不完全燃焼しているボイラーやストーブは、火炉から煙突の空気の流れが悪いところに煤や煤塵が付着しています。特に臭いの元になる煤塵(ばいじん)は、分解掃除や掃除機では取り除くことが難しいと言えます。本稿では、火炉に投げ入れるだけで煤や煤塵を触媒効果で取り除く「スートリムーバー(ST-MB)」をご紹介いたします。

※この記事は、2019年4月11日に公開した記事ですが、修正し2020年10月17日に再度公開しました。

触媒が空気の流れの悪いところでも酸化反応を促進させる

触媒効果を利用した「スートリムーバー(ST-MB)」は、空気の流れが悪いところでもゆっくりとした燃焼を持続します。手が届かないところに滞留していた煤塵まで完全燃焼させるので、メンテナンス後に「きれいになったけど煙の臭いが取れない」というユーザーコールが無くなります。

煤汚れを取り除き、付着しにくくする「スートリムーバー」

「スートリムーバー(品番:ST-MB)」は当日出荷です!

「スートリムーバー(ST-MB)」は、火炉から煙突に至る排気の流れに沿って触媒燃焼をします。その効果は、メンテナンス以降もしばらく継続しますので、燃焼効率を高め燃料費が節約できます。さらに、煤が付きにくくなり、煙の嫌な臭いがしなくなるので、住宅が隣接する都市部のユーザーに喜ばれます。また、非腐食性なので、大切なボイラーやストーブの鋼、ステンレス、銅など金属材料を侵食しません。さらに、爆発性が無く、炎上の危険性もありません。

品 番 容 量 基準価格
ST-MB 114g ¥650

予熱した燃焼室に投入するだけのカンタン作業

まず、火炉から煙突まで十分温まるまで約10分から15分程度運転します。(これが凄く大切です!)次に、「スートリムーバー(ST-MB)」のパッケージを開封せずに、そのまま火のついている炉内に投入します。投入後は検査窓、その他の開口部を全て閉めて5~15分程燃焼させると本体が消滅し掃除完了です。

■標準使用本数の例

スートリムーバー
必要本数
蒸気ボイラー 温水ボイラー
定格(m³) kW kW
1本(114g) 10 24 17
2本(228g) 20 50 35
3本(342g) 30 73 52
6本(684g) 60 147 106
9本(1,026g) 90 220 158
12本(1,368g) 120 293 211
24本(2,736g) 240 586 422
36本(4,104g) 360 879 633
60本(6,840g) 600 1,465 1,055

なお、ダンパー付のボイラーやストーブは、投入直後の15分間はダンパーを全閉に近い状態にしなければ正しい効果が得られません。強制通風式のボイラーの場合は、投入直後の15分間は空気送風量を絞ることが必要です。

まとめ

不完全燃焼しているボイラーやストーブは、火炉から煙突の空気の流れが悪いところに煤や煤塵が付着しています。特に臭いの元になる煤塵(ばいじん)は、分解掃除や掃除機では取り除くことが難しいので、火炉に投げ入れるだけで煤や煤塵を触媒効果で取り除く「スートリムーバー(ST-MB)」をお使いください。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木瞭

佐々木瞭

1994年生まれで、2016年ベストパーツ株式会社入社。
2018年より営業部に所属し、分類は配線器具を担当しています。
皆さまのお困りごとを解決させて頂きます。
お気軽にご質問ください。
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU