追い焚き配管の壁貫通がより便利に!新しくなった壁貫通キット

追い焚き配管の壁貫通部材は、各種配管に合わせてたくさんの種類が発売されています。その中でも今回は主に10A架橋ポリエチレン管ペアを簡単かつ美しく施工できる「壁貫通キット」をご紹介します。追い焚き配管部材一覧

屋外式壁掛給湯器から追い焚き配管を引き込む場合に使用する

この壁貫通キット(未来工業・品番:GSEKN-2)は、シンプルなデザインと優れた施工性、また安定した防水性能で、様々な現場で使用されてきたロングセラー商品です。壁掛給湯器から接続した追い焚き配管(主に架橋ポリエチレン管10A)を壁貫通される際に使用します。

壁貫通キット GSEKN-2 1セットより当日出荷 セット内容:本体、スペーサー、遮熱管1.5m

施工方法は外壁にφ100の穴を開け、本体をビスで取り付けた後、外壁の裏側からコーキングを充填します。その後架橋ポリエチレン管10A裸管を往き戻り分通管させ、付属の遮熱管を被せれば完了と非常に簡単です。

φ100の穴開けと、外壁裏側からのコーキング充填が必要になります。

しかし、ここで1点気になるのが、「外壁の裏面からコーキング」という部分ではないでしょうか?給湯器も追い焚き配管もこのケースでは大部分が屋外で完結しますが、ここだけ屋内側での施工が必要で、若干の面倒臭さが残ります。このコーキング充填作業が屋外側から可能になれば、施工時間や手間が大幅に改善されるはずなのですが・・・。

壁裏からのコーキング充填が不要な壁貫通キットが登場!

そんな声にお応えして登場するのが、2020年6月発売予定の新タイプ【GSEKN-F2】です。若干面倒だった外壁裏側からのコーキング充填が、表側から簡単にできるように改良されました。デザイン性や防水性も損なわれることなく、さらに価格もほぼ据え置きと非常に良心的なバージョンアップとなっております。

新しい架橋ポリエチレン管10Aペア用壁貫通キット「GSEKN-F2」

外壁表側からのコーキング充填が可能となりました!

セット内容は以下の通りです。従来品(GSEKN-2)にプラスしてコーキングへらが1枚付属します。

追い焚き配管部材一覧

施工方法はどのように変わるのか

施工方法の変更点は、前述したとおりコーキング充填作業が壁の内側なのか外側なのかだけです。その他はほぼ変更はありません。

また、施工における一番の注意点は、「穴開けする位置」となります。柱や鉄筋などを避けるのはもちろんのこと、配管材に過度なストレスが掛からないような取り回しが可能な位置での開口が必要になります。

実際の施工方法は?

実際の施工方法は以下のようになります。従来品との一番の違いは③の部分ですので確認してみてください。

 

規格・寸法は?

外寸は従来品(GSEKN-2)と変わりありませんので、違和感なく使用して頂く事が可能です。

施工する上での注意点は?

施工する上での注意点が3点ほどございますので、以下を守って施工してください。

配管部に直射日光が当たらないように・・・という部分は、どのケースでも同様ですが、架橋ポリエチレン管が露出しないように紫外線劣化防止処置を施してくださいということです。そのために耐候性が付与された遮熱管が同梱されますので、確実に使用していただきますようお願い申し上げます。

まとめ

屋外式壁掛給湯器の追い焚き配管で、屋内への配管引き込みを、美しくかつ簡単に仕上げるのが「壁貫通キット」です。ロングセラーの「GSEKN-2」タイプも非常に優れた商品でしたが、コーキング充填作業がより簡単に外壁表側から行える新しい「GSEKN-F2」タイプが加わったことで、より早い施工時間の短縮を実現しました。基本性能や外寸、さらに価格もほぼ据え置きですので、気を遣わず使用できることも魅力です。

ベストなパーツでは、施工業者様の住宅設備部材に関する小さな疑問やお困りごとの解決のお手伝いをさせていただきます。

追い焚き配管部材一覧

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木 克仁

佐々木 克仁

2001年ベストパーツ株式会社(旧東北綜合器材株式会社)入社。2002年より営業職。分類は設置固定を担当。1976年生まれ。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!