コスト削減と安心を両立させる樹脂製循環金具の利点

樹脂製循環金具への切り替えには、コスト削減という明確な利点があります。この10年間で、樹脂製品に対する初期の懸念を払拭し、特に黄銅製品における材料費の高騰という課題に対して、コスト面での大きなメリットを実現してきました。樹脂製品の強度と低コストの可能性を詳しく掘り下げていきます。

コスト削減の鍵:樹脂製品の強度への理解と適切な取り扱い

樹脂製循環金具の導入は、強度に関する懸念を、適切な施工方法によって解消することができます。たとえば、Gねじの締付トルクを適切に設定し、テーパねじとの組み合わせを避けるなどの工夫が効果的です。多くの施工業者が気にする耐久性や凍結による破損の問題も、材料の比較により、長期的には金属製品に匹敵する性能を有していることが明らかになりました。このように適切な施工管理を実施することで、樹脂製品はコスト削減と高い性能の両立を実現します。

材料特性の比較

PPS(ポリフェニレンサルファイド)製の循環金具は、耐熱性と耐薬品性に優れ、ガラス繊維を混入することで高い強度を持つ高性能エンジニアリングプラスチックです。一方、黄銅製の循環金具は、銅と亜鉛の合金で、展延性、熱間鍛造性、導電性、耐食性に優れ、加工しやすい特性を持っています。

これらの材料はそれぞれ独自の強みを有しています。PPSは衝撃や応力に関しては金属製品に比べると若干劣るかもしれませんが、適切な施工技術を用いることで、この点は克服できます。施工が完了した後、PPS製の金具は黄銅製の金具と同等の長期的な耐久性と信頼性を提供します。

比較表:材料特性の比較(PPSと黄銅)
比較項目 PPS 黄銅 見解
材料費 PPSは金属と比べ比重が小さく重量が軽くなる為材料費を抑えられます。材料が少ない分、価格変動も小さくなります。
機械的強度 PPSは他の樹脂と比べ強度はありますが、黄銅よりは劣ります。
耐熱性 PPSは-20℃~220℃の広範囲で使用できます。
耐薬品性 黄銅は腐食に対してPPSより劣ります。
比重 PPSは比重が小さく、製品取り扱い、運搬が容易です。
寸法安定性 どちらも経年による変化は少なく、長期間安定しています。
衝撃性 PPSは高いところから落下させた場合の衝撃性には弱い物性を持ちます。

コスト比較

前のセクションでは、樹脂製(PPS)と金属製(黄銅)の循環金具の物性について比較しました。ここでは、次のステップとして、これらの材料を使用した場合のコストを比較します。具体的には、L型の循環金具と全長20mのハイブリッドホース(15A)を5m使用した際のコストを分析します。

PPS材料のコストシミュレーション

樹脂製循環金具ハイブリッドホース(15A)、そして樹脂と金属のハイブリッド継手を使用した場合の総コスト(基準価格ベース)は、「SKJ-21LP¥2,520 + BJH-420(5m)¥7,600 + BJH-4TJ¥660×2セット = ¥11,440」です。

樹脂製循環金具

「循環金具L型(G1/2)(品番:SKJ-21LP)」は1個から当日出荷します。

品番 接続口 基準価格
SKJ-21LP G1/2 ¥2,520
配管

注記:ハイブリッドホースは20m巻きで販売されていますが、このコスト比較では、一般的な家庭の追い焚き配管の長さを仮に5mと見積もり、メートル単価に基づいて5m分の仮の基準価格を算出しています。

使用m数 5mの参考基準価格
BJH-420 5m ¥7,600
ハイブリッド継手

「追い焚き用15A樹脂製ホースエンドS型セット(品番:BJH-4TJ)」は、ハイブリッドホースなどに挿入する部分をPPS、ねじ側である袋ナットを黄銅にしたハイブリッド継手です。1セットから当日出荷します。

品番 接続口 基準価格
BJH-4TJ G1/2x15Aホースエンド ¥660

黄銅材料のコストシミュレーション

金属製循環金具ハイブリッドホース(15A)金属製継手を使用した場合の総コスト(基準価格ベース)は、「SKJ-21L¥4,180 + BJH-420(5m)¥7,600 + BJH-4T¥840×2セット  = ¥13,460」です。

金属製循環金具

「循環金具L型(R1/2)(品番:SKJ-21L)」は1個から当日出荷します。なお、本品のRネジはGネジにも接続できます。

品番 接続口 基準価格
SKJ-21L R1/2 ¥4,180
金属製継手

「追い焚き用15AホースエンドS型セット(品番:BJH-4T)」は1セットから当日出荷します。

品番 接続口 基準価格
BJH-4T G1/2x15Aホースエンド ¥840

まとめ

PPS樹脂と黄銅は、追い焚き配管において十分な性能を持つ材料です。耐久性や凍結割れへの対応についても大差はありません。適切な施工管理により、樹脂製品は約15%のコスト削減効果を実現可能です。金属材料の価格上昇が続く中、樹脂製循環金具の採用をオススメします。

※この記事は2022年8月26日に公開されましたが、価格改定が行われたため、2023年11月14日にコストシミュレーション部分を更新し、記事を再公開しています。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU