潰れたねじをがっちり掴む!ネジザウルス

ねじを外そうとした時に錆びついて回らない、固着して回らない、ねじの頭がなめてドライバーが使えない経験はありませんか?その際に大活躍するのがネジザウルス。本稿ではオーソドックスなネジザウルスと外れないねじを落としやすくするサビとり剤をご紹介します。

ベストパーツオンラインショップ

ドライバーが利かないときに使いたい

固着したねじやなめたねじ頭を得意とする「ネジザウルスGT(品番:PZ-58)」

エンジニア ネジザウルスGT PZ-58 当日出荷可能です。

PZ-58は潰れたネジ、錆びたネジ、固着したネジ、特殊なネジを、先端だけでしっかり掴んで回せます。国際特許取得している先端形状により、頭の低いネジ(トラスネジ)にも対応してます。ペンチ機能も付いているので線材の切断もできます。グリップは力が入りやすく、耐油性にも優れていて滑らず力が入るエラストマーソフトグリップを採用してます。

【外せるネジの目安】

  • 先端くわえ部…ネジ頭径Φ3~9.5mm (トラスネジ:M2~4/ナベネジ:M1.6~5) 
  • 本体くわえ部…ネジ頭径Φ5.5~10mm (ナベネジ:M3~5)

【製品仕様】

  • サイズ:160×54×15mm
  • 重量:130g /
  • 切断能力:銅線Φ1.2mm
  • 刃長:8mm
  • タテ溝硬度:HRC58±2

裏技としてガス缶のガス抜きや醤油瓶やペットボトルの分別処理にも使えると言われていますが、これはあまりピンときません・・・。

インパクトドライバーのトルク値が強すぎてなめたねじの使用例

回している、途中になめてしまい外せない皿ネジ

インパクトドライバーや充電ドライバーでトルク値が強すぎてねじがなめる時がありませんか。ねじとビットに隙間があるのに回すと写真のようになります。このような時にネジザウルスを使用すると簡単にはずす事ができます!

錆びたり焼き付いたりして動かなくなった固着ねじの使用例

固着してしまい、ドライバーで回すとねじがなめて回せないナベねじ

屋外で多く見られる錆びて固着したねじは、ドライバーで無理やり回すとねじが折れたりつぶれたりしてしまいどうすることもできなくなります。ねじの錆びを落とす「LOCTITEのサビとり剤(品番:DSO-100)」や「ネジザウルスリキット」を併用すれば、サビを落としねじが緩みやすくなります。緩んだらネジザウルスで回してください。すると折れずにねじを取り出す事ができます。

ネジザウルスの注意点

ネジザウルスにも不向きな環境があります。といのも、ネジに対し斜めにしかかけらない場合は、滑ってしまい効果を発揮することができないからです。ネジザウルスはネジに対し垂直につかむことで威力を発揮します。また、対象材に食い込んでしまった皿ネジをはずす事はできませんのでご注意ください。

一緒に使いたいLOCTITEの錆びとり剤(品番:DSO-100)

LOCTITE サビとり剤 DSO-100 翌日出荷可能です。

LOCTITEのサビ取り剤(品番:DSO-100)は、金属面やメッキ面のサビ落としに最適です。例えば、給湯器を固定しているボルトやナットの錆び、屋外配管の支持金具を固定しているビスのサビ落としに最適です。ペースト状でタレ落ちにくいため垂直な面にも利用できます。金属表面に傷をつけず化学の力で錆びを元から落とします。更に再発を防ぐサビ止め油も付いてきます。

【色】半透明容量(ml):100

注意・・・刃剣刃物の刃先・貴金属・アルミ・亜鉛製品には使用できません。

まとめ

潰れたねじを目の前にして「持っていれば良かったー」と思うのがネジザウルスです。そうなる前に工具箱に入れておいてください。ネジザウルスが入っているだけで、古い機器の入替え現場であっても安心して取り組めますし、ペンチ機能でφ1.2mmの銅線までカットできますので結構使えるシーンは少なくありません。

ベストパーツオンラインショップ

 

  • シェア
  • twitter
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!