エコキュートやヒートポンプ式温水暖房機に使える二段置架台

ヒートポンプが空調機器に留まらず、給湯・暖房分野まで普及しています。それに伴い1世帯に設置される台数も多くなり、設置スペースを確保できる二段置用架台の必要性が高まっています。しかし、ルームエアコン用二段置架台に収まらないことがあります。どんな架台を使えば対応できるのか、具体的な商品をご紹介いたします。

※この記事は2019年7月1日に公開した記事ですが、幅の広いLLタイプについて追記した記事を2020年8月1日に再度公開しました。

PFS管

大型化する室外機に対応する二段置架台

ヒートポンプ熱源機の高機能化に伴い室外機が大型化しています。実は、最新のエアコン用架台も例外ではありません。キャッチャー製品でお馴染みの日晴金属も次々と新商品を投入しています。

二段置架台を選ぶポイントは?

一般的なルームエアコン用の架台では高機能ヒートポンプ熱源機を1段目に収めることが難しくなっているため、「Lタイプ」、新商品「LLタイプ」、エコキュート室外機に適した「Hタイプ」を用意しています。

大きめのルームエアコンまでがきれいに収められる「Lタイプ」

C-WG-L 1段目有効寸法:幅834×奥行354×高さ722

エコキュートが発売されてから数年間は、室外機の大きさもルームエアコンとあまり変わりがなく、一般的な二段置用架台でもギリギリですが収めることが可能でした。よって、初期に導入された集合住宅等ではスペースの都合もありこちらが使われることが多かったようです。

しかし、年々拡大する年間給湯効率競争で、室外機(ヒートポンプ)の性能を上げる必要が出てきたため、付随する形で外寸が大きくなっていきました。今では、「Lタイプ」でも対応できない室外機(ヒートポンプ)がほとんどです。

品番 仕上げ 1段目有効幅 1段目有効奥行 1段目有効高さ 基準価格
C-WG-L 粉体塗装 834mm 354mm 722mm ¥8,250
C-WZJ-L2 溶融亜鉛メッキ 834mm 353mm 747mm ¥10,000

1段目の有効幅が900mmある「LLタイプ」

「塩害地用(溶融亜鉛メッキ仕上げ)(品番: C-WZJ-LL)」の1段目有効寸法は幅900×奥行353×高さ747

モデルチェンジが行われる度に、年々大きくなっているエコキュートのヒートポンプ。そこでご紹介したいのが、「LLタイプ」の二段置用架台です。高さ、奥行はLタイプと同じですが、幅が900mmまで対応できるようになりました。

代表例は、ダイキンのうるさら7の10畳~29畳タイプ。室外機の幅が850mmありますので、Lタイプの1段目には収まりません。パッケージエアコン用架台で施工しているというお話も耳にしますが、ルームエアコン用に比べてコストが倍近くかかってしまうので、施工業者様の悩みの種だったのではないでしょうか?これからは「LLタイプ」でコスト削減を図りましょう!

品番 仕上げ 1段目有効幅 1段目有効奥行 1段目有効高さ 基準価格
C-WJ-LL 粉体塗装 900mm 353mm 747mm ¥9,500
C-WZJ-LL 溶融亜鉛メッキ 900mm 353mm 747mm ¥11,000

エコキュートには「Hタイプ」で決まり!

C-WJ-LH2  1段目有効寸法:幅834×奥行353×高さ907

幅や奥行が広くなった「LLタイプ」ですが、エコキュートの室外機は「高さ方向」にこそ大きな変化がありました。そこで、1段目有効寸法を約25% 高くして、高付加価値のエコキュート用室外機にも対応できるように設計したものが「Hタイプ」です。

品 番 仕上げ 1段目有効幅 1段目有効奥行 1段目有効高さ 基準価格
C-WJ-LH2 粉体塗装 834mm 353mm 907mm ¥11,000

まとめ

大型化する室外機に対する二段置用架台の選び方としては、幅と高さに注意が必要です。空調機器などの幅寸法が810mm以上ある室外機には「LLタイプ」、高さ寸法が700mm以上のエコキュート用室外機には「Hタイプ」という具合に使い分けてください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木瞭

佐々木瞭

1994年生まれで、2016年ベストパーツ株式会社入社。
2018年より営業部に所属し、分類は配線器具を担当しています。
皆さまのお困りごとを解決させて頂きます。
お気軽にご質問ください。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!