マンションの出窓の下にピッタリ収まる、高さわずか40mmの「プラロック」

集合住宅における省エネエアコンの室外機設置は、スペースの限られたバルコニーや共用廊下の出窓の下といった場所が多く、高さ方向の制約が問題となります。この問題を克服するため、「プラロック(品番:PR-151)」は従来品よりも55mm低い設計になっており、狭い場所にも収めやすくなっています。この記事では、その利点とともに、製品を詳しくご紹介します。

許容面荷重は従来製品と同じ140kgfを保ちつつ、高さを大幅に抑えたモデルです!

樹脂製のエアコン設置台は同じように見えても、耐荷重や耐震性には大きな差があり、そもそも耐荷重計算をしていない製品も市場に流通しているのが実情です。因幡電工の「プラロック」シリーズは、そのような不安を解消し、必要性能を満たした設計で安全性に配慮しています。特に、本記事で注目する「プラロック(品番:PR-151)」は、許容面荷重140kgfという従来品「プラロック(品番:PR-351N)」と同等の強度を保ちつつも、高さを55mm抑えた40mmというローフォルムを実現しました。耐震強度は設置する機器の重心位置に依存しますが、因幡電工の試算では約45%の低減を可能にしています。

出窓の下の限られたスペースへの適合性

図1:共用廊下の室外機設置例多くのマンションでは、共用廊下やバルコニーに設置された出窓の下のスペースに室外機を収める必要があります。図1では、省エネ性能には特化していない通常のエアコンの室外機が設置されていますが、このようなスペースでも「プラロック(品番:PR-151)」なら、従来品に比べて55mmも高さを低く抑えることが可能です。これにより、省エネエアコンの大型の室外機であっても、スペースにうまく収めることができるでしょう。

バルコニーのスペースも有効活用し、コスト削減が可能

バルコニーでは、高さが低いほうが好ましいですが、必須条件ではありません。それでも「プラロック(品番:PR-151)」を使用すれば、「プラロック(品番:PR-351N)」に比べて約30%ものコストダウンが期待できます。

室外機の安定性強化と転倒防止

地震による室外機の転倒やズレはリスクです。転倒を防ぐためには室外機と壁面の間を固定することが重要ですが、それと同時にベースがズレることで冷媒用銅管に負荷がかかるのを避けなければなりません。「プラロック(品番:PR-151)」は、別売りの「プラロック押さえ金具(品番:PR-P2)」と組み合わせることで、床面へ固定し、室外機の安定性を高めます。これにより、冷媒用銅管への不必要なストレスを最小限に抑え、長期的な保守性を確保することが可能になります。分譲マンションにおいては、こうした固定方法が設備の耐久性を向上させ、地震時のリスクを軽減します。

製品ラインナップ

高さが40mmのローフォルム設置台「プラロック(品番:PR-151)」

従来より55mmも低い「プラロック(品番:PR-151)」の強度は従来と同じ140kgf!当日出荷しています。

品番 許容面荷重 L W1 W2 H 入数 基準価格/本
PR-151 140kgf 360 86 80 40 20 ¥430
プラロック押さえ金具(品番:PR-P2)

1セットに2枚入り。溶融亜鉛メッキで耐食性も安心

品番 ビス穴径 基準価格
PR-P2 φ10.5 ¥1,020

まとめ

集合住宅でエアコンの室外機を設置する際には、出窓の下が一般的な選択ですが、高機能エアコンの大型の室外機は収まりきらないことが多いです。そんな時に「プラロック(品番:PR-151)」が役立ちます。許容面荷重は140kgfと従来品と変わらず、より低い設置が可能です。分譲マンションでは、さらに「プラロック押さえ金具(品番:PR-P2)」や接着剤で躯体に関連付けることを推奨します。

※この記事は2022年6月24日に公開された記事ですが、校正しなおし2023年11月8日に再公開しました。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木瞭

佐々木瞭

1994年生まれ。2016年ベストパーツ株式会社入社。
2018年より営業部に所属し、分類は配線器具・設置固定を担当しています。
皆さまのお困りごとを解決させて頂きます。
お気軽にご質問ください。
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU