まだ弱いシャワーで我慢させる?取り付けた途端に快適「給湯加圧ポンプ」

水道直圧式から貯湯式の給湯器に入替えると、給湯圧が弱くなる可能性があります。特に、階上に浴室がある住宅では、ユーザーが弱いシャワーで我慢しているかもしれません。本稿では、取り付けた途端に違いが分かる「給湯加圧ポンプ」をご紹介いたします。

追い焚き配管部材一覧

足りない給湯圧を補う「給湯加圧ポンプ」

最近のエコキュートは、高圧タイプと言われる給湯圧170kPa~190kPaが標準的になりました。高圧タイプの場合は、十分な給湯能力があります。ただし、2階や3階に浴室がある場合やお湯の同時使用が考えられる住宅の場合は、「給湯加圧ポンプ(品番:SHC-1511)」の設置をオススメします。

揚程力に優る「給湯加圧ポンプ(品番:SHC-1511)」

「給湯加圧ポンプ(品番:SHC-1511)」は当日出荷です!

出湯を開始すると配管内の圧力低下を検知しポンプが自動的に運転を開始します。給湯栓が閉止するまで運転を続けるので、出湯圧力を均一に保ちます。この商品は、「高圧タイプ」のエコキュートに対応していますが、一部メーカーで販売している「パワフル高圧タイプ」には使用できませんのでご注意ください。

品番 口径 揚程 消費電力 基準価格
SHC-1511 20A 15m 150W ¥67,740

3階まで加圧できるハイパワー

3階建ての建物の高さは、平均で約10m~12m程になります。「給湯加圧ポンプ(品番:SHC-1511)」は、1分間に約18ℓの水を3階まで送り込むことが可能です。15mの高さでも10ℓ/minの水を送り込むことができますので、一般住宅であれば十分な能力を有していると言えます。

※必ず地域の給水圧を確認してください。

シールレスタイプなので漏れや腐食の心配がない

シールレスタイプのポンプは、動力を伝達するシャフトを永久磁石で回転させます。写真の通り、メカニカルシールポンプはシャフトとモーターが一直線で繋がっているので、軸のシール部から水漏れが起きます。対してシールレスポンプは、シャフトとポンプ室が分かれていて密閉状態なので水漏れの心配がありません。

https://www.iwakipumps.jp/blog/naruhodo/05/ IWAKI ホームページより引用

設置の際に必要な部材2選

断水時の貯湯タンクを守る「負圧作動弁付エアベント」が必須

災害などで断水した場合、もちろんお湯は出ません。ですが、給湯加圧ポンプが設置されている場合は、問題が発生します。ユーザーがお湯を出そうと給湯栓を開けると、ポンプが作動し貯湯タンクから無理やりお湯を引っ張ろうと働きます。貯湯タンクに給水がない状態で、お湯を引っ張られると、真空引きのようにタンクがへこんでしまいます。例えるなら、空の栄養補給ゼリーを吸い込むとペシャンコになるイメージです。それを防ぐ為に、「負圧作動弁付エアベント(品番:UV2077ZZ)」を取付けて空気を取り込み、タンク内の圧力を外と均一にする必要があります。

ウォーターハンマー対策に「水撃低減器」をつける

ポンプに逆圧やウォーターハンマーが加わらないように、②「水撃低減器(品番:U7311-2-13)」を接続してください。

まとめ

給湯圧が弱い場合は「給湯加圧ポンプ(品番:SHC-1511)」を設置することで、パワフルな給湯圧を送ることができます。「高圧タイプ」のエコキュートや電気温水器などの貯湯式給湯器を設置する住宅で、浴室が階上にある場合は、「給湯加圧ポンプ」の設置をオススメします。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木瞭

佐々木瞭

1994年生まれで、2016年ベストパーツ株式会社入社。
2018年より営業部に所属し、分類は配線器具を担当しています。
皆さまのお困りごとを解決させて頂きます。
お気軽にご質問ください。

RELATED- 関連記事 -

関連記事一覧

NEW ENTRY- 新着記事 -

新着記事一覧
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU