給湯器入替の際、保温材の仕上げテープは何を使っていますか?

給湯器を入替る際、給水給湯配管に用いる保温材とその仕上げには何をお使いでしょうか?本稿では、裸保温チューブに合わせる「保温材仕上げテープ」をご紹介いたします。

ベストパーツオンラインショップ

裸保温チューブに合わせる5つの「保温材仕上げテープ」

保温材の背割れを締める「保温材仕上げテープ」は、設備工事に欠かせない部材でした。その後、架橋ポリエチレン管など保温材付き樹脂管の普及に押され、現在は仕上げにテープを使わない被覆付きの保温材も増えています。

露出部に使われることが多い高耐候性被覆付きの架橋ポリエチレン管

しかし、住宅設備機器にも美観を求められる今、給湯器メーカーが配管スペースや専用配管カバーを設定し、以前のように給水給湯配管が露出する現場は少なくなりました。また、外壁にマッチするダクトカバーも多数発売されているため、被覆無しの保温材をテープで仕上げた方が「安く、早く、美しい」という現場がまだまだたくさんあります

東レペフ製の耐熱保温チューブ(被覆なし)PPシリーズの保温材厚みは10mmと20mmと充実しています。サイズは鋼管10A,15A,20A,25Aを当日出荷しています。

東レペフのPPシリーズには、継手用断熱材として写真のチーズ(PPT)とエルボ(PPL)がラインナップされています。それぞれ鋼管サイズ10A,15A,20A,25Aを当日出荷しています。

積水化学工業の耐熱保温チューブ(被覆なし)NLTシリーズの保温材厚みは10mmだけですが、鋼管サイズ以外に銅管15.88用も当日出荷しています。ベストパーツオンラインショップ

保温材仕上げテープの特徴

絹目テープ

絹目テープは直射日光や風雨には強くありませんが、カバー内部に収まる配管には最適です。ベストパーツでは黒、アイボリー、ホワイトの3色を当日出荷しています。

保温材仕上げ用の非粘着テープで、永遠の定番といえば「絹目テープ」をおいて他なりません。特に再生材を使用している黒色は、価格が安く流通量の多い部材です。幅は50㎜と75㎜の2種類で、長さは15mという仕様です。

ちなみに、黒とその他の色に価格差があるのは、原材料が再生材かバージン材かの差です。使った感じは、当然ですがバージン材の方が柔らかく、引っ張った際の伸びも多少ですが私は良い感じがします。

キャンバステープ

光沢があり、柔軟性が高くストレッチ性がある「キャンバステープ」は、絹目テープよりも価格は若干高いものの、水道工事業者様を中心に人気の高い部材です。また、色もブラック、アイボリー、ホワイトの定番に加えて、ブラウンとシルバーがありますから、配管がチラッと見える現場では外壁や設備機器の色に合わせた施工が可能です。幅は50㎜と75㎜の2種類で、長さは15mという仕様です。

余談ですが、よく非粘着テープが欲しい方から「キャンパステープくれ!」と言われますが、キャンパスではありません。正式名称は「キャンバステープ」です。キャンパスでは大学の構内テープになってしまいます…。

キャンバステープ(ホワイト) (品番:KP-75/W) 全色、全サイズが1巻から当日出荷しています!!

シルバーで75mm幅のキャンバステープ(光沢)(品番:KP-75/S)が人気あります

微粘着/新非粘着テープ

元々はエアコンの冷媒管の仕上げ用で使われていましたが、給水給湯配管でも使用される機会が増えています。テープ表面の特殊加工で、万が一落としたりした場合でもバラけないのが最大の特徴です。過去に失敗した経験がおありの方は是非一度お試しください。長尺配管や高所作業が多い方には便利なのではないでしょうか?

幅は50㎜と75㎜の2種類で、長さは18mという仕様です。

因幡電機産業の「ネオピタテープ(新非粘着)」。写真左から(品番: HY-50/IV)と(品番: HY-75/IV)その他微妙に白っぽいNEWアイボリーも1巻から当日出荷しています。

デンカの「ライトタック(微粘着)」。写真はホワイト色で左から (品番:KTN-50/W)と(品番:KTN-75/W)。この他アイボリーとグレーを1巻から当日出荷しています。ベストパーツオンラインショップ

非粘着テープ

こちらもメインはエアコン冷媒管の保護や化粧ですが、微粘着同様給水給湯配管に使用される方も少なからずいらっしゃいます。色が豊富で低価格なのが人気の秘密でしょうか?幅は微粘着同様50㎜と75㎜の2種類で、長さは18mとなります。

因幡電機産業の「コーテープ(非粘着)」。写真はアイボリーで左から(品番:HN-50/IV)(品番:HN-75/IV)。これ以外にNEWアイボリー、グレー、ホワイト、ブラック、ブラウンと豊富な色からお選びいただけます。もちろん、1巻から当日出荷しています。

【番外編】ALGC非粘着テープ

PS内や集合のバルコニーなどの狭い場所で、給湯器の排気が直接配管用保温材に当たってしまう場合や、紫外線などから保温材を保護したい場合は、この「ALGC非粘着テープ」を使用してみてください。アルミ+ガラスクロス入りですので、紫外線はもちろんのこと、空気・水・水蒸気を透過させず、更には不燃材としての使用が可能です。幅は25㎜~125㎜の6種類で、長さは30mという仕様です。

ALGC非粘着テープは、25幅から125幅まで 、1巻から当日出荷しています。

まとめ

給水給湯配管が露出する現場は少なくなり、被覆無しの保温材をテープで仕上げた方が「安く、早く、美しい」という現場がまだまだたくさんあります。その被覆なしの保温材の仕上げや化粧に使用する非粘着系テープも、実は様々な種類がありそれぞれ特色があります。いろいろお試しいただき、あなたのお気に入りを見つけていただければ幸いです。

最後に、非粘着テープを屋外露出配管に使うケースが殆どだと思いますが、ALGCを除く非粘着テープには耐候性が付与されておりません。露出配管の際は必ずスリムダクトなどのダクトカバーの類をご使用ください。

ベストなパーツでは、施工業者様の住宅設備部材に関する小さな疑問やお困りごとの解決のお手伝いをさせていただきます。ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
Katsuhito Sasaki

Katsuhito Sasaki

2001年ベストパーツ株式会社(旧東北綜合器材株式会社)入社。2002年より営業職。分類は設置固定を担当。1976年生まれ。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!