別売ノズルがとても便利!温水ルームヒーターへの注入が楽になった循環液SKNW5LP

部屋の空気を汚さず、即暖性にも優れ、いまでも買い替え需要が旺盛な温水ルームヒーター。循環液を熱源機に直接注ぎ込む機種が多く、従来の容器では作業性が良くないというご指摘をいただくこともありました。本稿では温水ルームヒーターに最適な濃度調整済みのブライン(不凍液)である「ノンウォーター循環液(品番:SKNW5LP)」と別売の専用キャップノズル(品番:5L-CN)を紹介します。

※この記事は2019年12月3日に公開していましたが、加筆修正し、2022年2月14日に再度公開しました。

濃度調整済みでそのままシステムに投入するだけ

ノンウォーターシリーズの循環液は、カルシウムなどのミネラル分を含まない純水を用いて工場で希釈しているので、直接システムに投入するだけのブラインです。原液タイプのブラインを現場希釈すると水系によって製品の寿命に違いが出る恐れがありますが、ノンウォーターシリーズならご使用になられるエリアの水質に関わらず品質が安定するメリットがあります。

長年の実績と信用を誇る希釈済みブラインの定番

温水ルームヒーターなどの小型温水暖房機器にちょうどいい5L入り

「ノンウォーター循環液(品番:SKNW5LP)」は、約30年前に住設業界で初めて濃度調整済みのブラインとして発売された超ロングセラー商品です。万が一、赤ちゃんやペットが誤飲した場合でも毒性が非常に低く、人体にほとんど無害なプロピレングリコールベースなので、温水ルームヒーターや簡易床暖など宅内に機器と接続するチューブが露出する機器に最適です。また、工場にて純水で希釈しているので仕様地域の水質に影響を受けることなく長期間安定した性能を持続する点も評価されています。凍結温度を-20℃に設定して純水希釈しているため、いわゆる極寒地でなければ日本全国でご使用いただけます。高温の循環回路では、熱源機や配管材料の腐食などの劣化が心配です。その点、温水暖房回路に使用される金属、樹脂、ゴムの劣化を抑制する添加剤を配合している本品であれば安心していられます。

品番 凍結温度 容量 入数 基準価格
SKNW5LP -20℃ ピンク 5L 4本 ¥2,250

専用のノズルを使えば注入もカンタン

SKNW5LPの蓋と取り換えるだけのカンタン取り付け

品番 先端径 有効長 基準価格
5L-CN Φ20 200mm ¥300

温水ルームヒーターや簡易床暖房に多い半密閉形の熱源器は、本体上部に不凍液の注入用の「給水ふた」がある設計が一般的です。一見すると上から容易に注入できると思うのですが、実は「給水ふた」は大きくても、ふたを外すと意外と小さいキャップが付いていて、そのキャップを外すと見える注入口はさらに小さく、どなたも注入には難儀しているはずです。「ノンウォーター循環液(品番:SKNW5LP)」には「ベロ」と呼ばれる注入ガイドが付属していますが、その「ベロ」の幅は熱源機上部の注入口に比べて少し広いため、これまではじょうごやペットボトルを切ったもの等を利用する工夫が必要でした。

エスケーブライン「SKNW5LP」に付属している「ベロ」と言われる注入ガイド

しかし、別売の「5L用キャップノズル(品番:5L-CN)」を使えば熱源器の上部からカンタンに循環液を注入することができます。なお、ホームセンターなどにも似たようなキャップノズルはありますが、残念ながら「ノンウォーター循環液(品番:SKNW5LP)」の容器と合わないことがあるので注意が必要です。

SKNW-5LPと5L-CNの組合せ

まとめ

経年劣化により、熱源機を交換する際には熱を搬送するブライン(不凍液)も交換することが必須です。「ノンウォーター循環液(品番:SKNW5LP)」は高濃度原液タイプのブラインと異なり、工場においてカルシウムなどのミネラル分を含まない純水で希釈しているので濃度調整や濃度の確認は必要なく、熱源機にそのまま注ぐだけですぐ使えます。さらに「5L用キャップノズル(品番:5L-CN)」を使えば半密閉形の熱源器に多い、本体上部の不凍液の注入用の「給水ふた」からカンタンに注入できます。まだお使いになっていない方はぜひお試しください。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
大宮彰大

大宮彰大

営業部所属:ベストパーツ株式会社
2008年入社(33歳)
温水暖房分野を担当し2013年4月完成のベストパーツ株式会社社屋の冷暖房部材選定を行う。
MAIL:omiya.shota@best-parts.jp

RELATED- 関連記事 -

関連記事一覧

NEW ENTRY- 新着記事 -

新着記事一覧
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU