温水暖房施工の必需品!7A・10A兼用マルチスムーサー「PJ-05」

「スムーサーは高価で職人全員に持たせられない!」という声をよく耳にします。1丁あたり数万円もするスムーサーを配管径毎に用意するのは大変です。しかし、温水暖房配管や追い焚き配管に使用するタケノコ継手は、ワンタッチ継手に比べて安価である反面、スムーサーを使わず無理に挿入してパイプを傷つけてしまい漏水事故を引き起こす恐れがありますので、スムーサーは必需品なのです。

ベストパーツオンラインショップ

スムーサーを10Aと7Aの2台持ちしている方にオススメ

本稿では、1丁で10Aと7Aのどっちにも使える経済的な「マルチスムーサー(品番: PJ-05)」をご紹介します。

「PL-05」1台で7A・10A・13Aの架橋ポリに対応

「マルチスムーサー(品番: PJ-05)」1丁で、7A、10Aの架橋ポリエチレン管にタケノコ継手を挿入することができます。

「マルチスムーサー(品番:PJ-05)」当日出荷可能です。

マルチスムーサーは、アダプター以外の本体は一体構造で部品の脱落が発生しません。

品番 全長 質量 挿入できるパイプ種 パイプのサイズ
PJ-05 144mm 600g 架橋ポリエチレン管 7A・10A・(13A)

13Aの架橋ポリには「13A用ライナー(品番:PJ0513L)」を使う

さらに「13A用ライナー(品番:PJ0513L)」を取り付けることで13Aの架橋ポリエチレン管にも対応することできます。

「13A用ライナー(品番:PJ0513L)」本体とは別売で13Aのタケノコ継手を挿入できます。当日出荷可能です。

マルチスムーサーの使い方

架橋ポリエチレン管の固定はカンタン

マルチスムーサーへの架橋ポリエチレン管の固定は本体下部にある「握り」を左回転させるとライナーが上方に移動し、パイプを受け入れます。「握り」を右回転させ、ライナーが下方に移動しパイプをしっかり固定します。

 

ペンチ機能を使ってワンタッチバンドを固定

ワンタッチバンドを事前に架橋ポリエチレン管側に付けておく必要があります。従来は、ペンチで掴んで架橋ポリエチレン管にはめ込みましたが、この「マルチスムーサー(品番: PJ-05)」は、ワンタッチバンド用のペンチ機能も備えています。下部に備えられたツメとハンドルで挟み込むことで簡単にワンタッチバンドを開くことができます。作業中に取り出す工具を一つ削減でき、煩わしさの解消にもつながります!

「13A用ライナー(品番:PJ0513L)」の付け替えもカンタン

ブランシャ上部にある⊕ねじを緩めて、7A・10A用ライナーを外して入替えてください。

あらゆる形のタケノコ継手に対応

「マルチスムーサー(品番: PJ-05)」の継手ホルダ部分には、あらゆる形のタケノコ継手が使用できる工夫が満載!

一般的なタケノコ継手を接続するパターン

「マルチスムーサー(品番: PJ-05)」のアダプタと継手のネジ側がフィットしガタツキがありません。

タケノコ継手にリング、台座がついているパターン

タケノコ継手の中にはマルチスムーサーでの挿入を想定して、継手ホルダがついているものがあります。この場合は、「マルチスムーサー(品番: PJ-05)」のアダプタを外して、継手ホルダに直接タケノコ継手をはめ込んでください。

残念なのは「Mプレート」が使いにくいこと

普段Mプレートはアダプタと継手ホルダに挟み込まれて収納されています。ソケット継手を接続するために用意されています。

継手中央部の溝に引っかけて使用します。しかし、、、、

Mプレートと継手ホルダを固定する手段がない為、写真のように手で押さえる必要があります。この状態で継手も抑えることは困難でした。

現時点ではMプレートを使用せず、従来通りアダプタを使用した方がよいと思います。なお、Mプレートについては、メーカー様でも改善の検討をしています。

まとめ

温水暖房配管の施工に欠かせないスムーサーですが、1丁で10Aと7Aのどっちにも使える経済的な「マルチスムーサー(品番: PJ-05)」を使えば工具を削減することができます。別売の「13A用ライナー(品番:PJ0513L)」を追加購入すれば、7A、10A、そして13Aまでこれ1丁で施工できます。さらに、ワンタッチバンド用のペンチ機能も持ち合わせているからとっても便利です。ベストパーツon-lineでは、施工業者様の住宅設備部材に関する小さな疑問やお困りごとの解決のお手伝いをさせていただきます。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
大宮彰大

大宮彰大

営業部所属:ベストパーツ株式会社
2008年入社(31歳)
温水暖房分野を担当し2013年4月完成のベストパーツ株式会社社屋の冷暖房部材選定を行う。
MAIL:omiya.shota@best-parts.jp
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!